「花子とアン」吉高由里子の英語は下手?発音は?

NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」が好調な吉高由里子さん。
物語の中で吉高由里子さんは、「赤毛のアン」などを
翻訳した村岡花子さんを演じています。

yoshitaka


翻訳者の人生を演じるため、
ドラマ中では当然、英語を話すシーンがあります。
ただ、英語に関しては苦労もあったようです。
今回は、吉高由里子さんの英語力について追跡してみました。


スポンサードリンク



「花子とアン」吉高由里子の英語力

気になる英語力ですが、調べたところ吉高さんは
もともと、ある程度の英語力は持っているようです。

というのも、2011年に吉高さんはロンドンで演劇を学び、
英語で芝居をした経験を持っているからです。

london


吉高さんは自分の殻を破りたいという思いから
女優業の傍ら、6日間の夏休みを利用して
ロンドンで舞台に挑戦したことがあるんです!

舞台は日本でも経験が無く、
セリフも英語というハンデがある中での体当たりの挑戦でした。

この時の様子は
「ロンドンの6日間~マクベスに挑んだわたし」というタイトルで
BSプレミアムで放送されました。

この番組の中で、吉高さんの英語力を垣間見ることが出来ます。

番組では、
演劇トレーナーのアドバイスは聞き取ることが出来るけれども、
自分の意思はなかなか伝えることが出来ないシーンが放送されています。

つまり、リスニング力には問題が無いと思います。

あと、スピーキングですが、
こちらは番組内で
自分の意思をなかなか伝えられず、
悔しさからから泣いてしまう場面が放送されていました。

また、演劇の外国人トレーナーからはセリフに抑揚を付けるよう
アドバイスされていました。

日本語では芝居が出来ても、
英語では棒読みになってしまっているようです。

yositaka2


既に2011年の時点で英語を聞くことには
ほとんど問題がないけれど、自分の意思を完全に伝える
のは難しいというレベルでした。

吉高さんの英語力は
日本人の平均から見れば相当高いと思います。
大半の日本人は英語を聞き取ることすら出来ないですからね。

ちなみに舞台の結果はというと、
芝居を見に来た芝居関係者からも高く
評価されるなど、大成功に終わりました。

この時、吉高さんは「本番に強い」ということが印象的でした。

このように、ある程度の英語力を持っている吉高さんですが、
「花子とアン」のために英語の猛特訓を行っているそうです。

撮影前の昨年秋から塩屋孔章さんという方から、
どうやって舌を動かせば正しい発音ができるのかなどの
レッスンを受けたそうです。

塩谷さんのレッスンは発声練習だけでなく、
英語を発音するときの舌の使い方まで及びました。

塩谷さんは、
「吉高さんにすごく近づいて口を見るので
かなり恥ずかしかったと思います」と、
そのときの様子を語っています。

リハーサルでは英語の発音を気にするあまり、
セリフが思うように出てこなかったこともあるそうですが、
吉高さんは本当によく取り組んでいたそうです。

塩谷さんは英語をきれいに話すというよりも、
「伝えたい」という思いをセリフに込められるように
指導したとか。

また、塩屋さんが驚いたのは、
本番になると吉高さんの英語が見違えたようによくなること。
「役に生きている」から本番に強いと言っていました。

yositaka4


このように、好調なドラマを支えるため、
吉高さんもかなり努力をしているようです。

こうした努力があるためか、
「花子とアン」の吉高さんの英語に対して
ネガティブな意見を見ることが
基本的にありません。

もともと、
自分の殻を破るためイギリスに行く根性がある上、
本番にも強い性格をしている訳ですから、
役をきちんと演じられない訳がないのかもしれませんね。

視聴率好調を維持する「花子とアン」

ビデオリサーチが発表した5週間目(4月28日~5月3日)の
「花子とアン」の週間平均視聴率は21.9%となりました。

前作の「ごちそうさん」が大ヒットしただけに
「花子とアン」も常に注目されていますが、
今のところ遜色ない視聴率を記録しています。

yositaka1


週間平均視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ)

「花子とアン」
第1週:21.6%
第2週:21.5%
第3週:22.1%
第4週:21.9%
第5週:21.9%

「ごちそうさん」
第1週:21.1%
第2週:21.2%
第3週:21.7%
第4週:21.9%
第5週:21.9%

吉高さんはこの「花子とアン」という作品に対して
強い思い入れを持っていると過去にコメントしています。

英語の猛特訓を行うなど役作りにも力を入れていることから
このまま好調を維持して「ごちそうさん」同様の
ヒット作になる可能性がありますね。

スポンサードリンク
   
シェアして頂けると嬉しいです♪

1件のコメント

  • Hey, that’s the grsteeat! So with ll this brain power AWHFY?

コメントを残す